TITANS NEOS 6

開催日:2009年9月20日(日)
会場:東京後楽園ホール
OPEN-16:45
START-17:00



第14試合 ヘビー級 5回戦 肘あり
松本哉朗(日本ヘビー級王者/藤本ジム/新日本キックボクシング協会)
キセレフ・キリル(ロシア/KOYUジム))

勝者:松本 KO 1R 2:26



第13試合 ライト級 3回戦 肘あり
朴 龍(日本ライト級王者/市原ジム/新日本キックボクシング協会)
中尾 満(日本ライト級4位/伊原道場/新日本キックボクシング協会)

勝者:中尾
判定3-0 ※ジャッジ=30-29、30-29、30-29


第12試合 5回戦 肘あり
越川大樹(日本フライ級王者/市原ジム/新日本キックボクシング協会)
関 正隆(M-1スーパーフライ級王者、元NKBフライ級王者/昌平学/フリー)

勝者:越川 2R 2:44 TKO



第11試合 フェザー級 3回戦
菊地大介(日本フェザー級2位/伊原道場稲城支部/新日本キックボクシング協会)
アタルチャン・HRT(フリー)

勝者:菊地
判定3-0 ※ジャッジ=30-23、30-24、30-23


第10試合 フェザー級 3回戦 肘あり
立嶋篤史(元全日本フェザー級王者/ASSHI-PROJECT/フリー)
小野智史(伊原道場/新日本キックボクシング協会)

勝者:立嶋
判定2-0 ※ジャッジ=29-28、29-29、29-28


第9試合 3回戦 肘なし
嚴 士鎔(日本ヘビー級3位/伊原道場/新日本キックボクシング協会)
エド・リョーマ(バンゲリングベイ・スピリット/フリー/)

勝者:嚴
判定3-0 ※ジャッジ=30-28、30-28、29-28


第8試合 ミドル級 3回戦  肘なし
阿久澤英一(日本ミドル級2位/山田/新日本キックボクシング協会)
鈴木悟(バンゲリングベイ・スピリット/フリー)

勝者:鈴木 1R 1:32 KO(3ノックダウン)


第7試合 ライト級 3回戦 肘なし
湯澤尚矢(日本ライト級7位/伊原道場/新日本キックボクシング協会)
高良正人(赤雲会)

勝者:湯澤 1R 2:07 KO(3ノックダウン)


第6試合 3回戦  肘あり
兼子ただし(日本ライト級10位/伊原道場/新日本キックボクシング協会)
龍馬 NJKFフェザー級7位 y-park ニュージャパンキックボクシング連盟

勝者:龍馬
判定2-0 ※ジャッジ=30-29、29-29、30-29


第5試合 ウェルター級 肘あり 
藤倉悠作 元J-NETWORKミドル級4位(ASSHI-PROJECT/フリー)
拳士 元プロボクシング日本ウェルター級6位、プロボクシングA級トーナメント(1999年)優勝 フリー

勝者:藤倉
判定3-0 ※ジャッジ=30-28、30-28、30-28


第4試合 3回戦 肘なし
石原裕基(日本ウェルター級3位/伊原道場/新日本キックボクシング協会)
阿佐美宏明 (パワーオブドリーム)

勝者:阿佐美
判定2-0 ※ジャッジ=29-28、29-29、30-29


第3試合 ウェルター級 3回戦
隼侍(日本ウェルター級6位/伊原道場稲城支部/新日本キックボクシング協会)
竹内祐也(和術慧舟會総本部)

勝者:竹内
判定2-0 ※ジャッジ=30-29、29-29、30-29


第2試合 バンタム級 3回戦 肘なし
江幡 塁(伊原道場/新日本キックボクシング協会)
朋史[ともちか] 全沖縄バンタム級3位 赤雲会

勝者:江幡
判定3-0 ※ジャッジ=30-27、30-27、30-27


第1試合 ライト級  肘あり
飛猿(新宿ジム/フリー)
直也(治政館/新日本キックボクシング協会)

勝者:直也
判定3-0 ※ジャッジ=30-29、30-28、30-29